しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

カメラのお話 番外編① 〜 CanonかNikonか 〜

f:id:syabelog:20160524122959j:plain 

1:一眼カメラを買うにあたって

これから一眼カメラを購入しようとしている方がまず最初に困るのが「メーカーが多くてどのメーカーが良いのかわからない」という事でしょう。
 
私自身最初に一眼カメラを購入しようとする時はネットで情報を調べてもよくわからないレベルだったのでかなり困りました。
 
話は変わりますが、ここ最近はスマートフォンの普及でカメラ市場が縮小しているというニュースをよく見ます。
一眼カメラは入り口こそとっつきにくい印象ですが、はまってしまうとどんどん面白さにのめり込む事ができる趣味です。
なので、多少でも参考になる情報を載せて、これから一眼カメラを始めようと考えている方達に少しでも増えれば嬉しいと考えています。
 
カメラは楽しいよ!
 
特に旅行にすぐ行きたくなるよ!
 
撮影してると知らない人から話しかけられることもあるよ!
 

2:CanonNikon

カメラを買おうとしている人なら一度は聞いたことのあるフレーズなのではないでしょうか。
 
もちろん「CanonNikonか」と言われる理由があるからこのようなフレーズが生まれるのです。
 

【レンズの種類が豊富】

おそらくこれが一番大きい理由なのではないかと思います。
一眼カメラは当然ボディだけでは撮影する事ができないので、各メーカーに対応したレンズを装着する必要があります。
このレンズの選択肢が多いということは、色々な表現方法が試せるということと同義なのです。
逆にレンズの種類が少ないと自由が少なく「本当は○○mm使いたいけど、このマウントだとないんだよなあ」という現象が起きてしまいます。
 
CanonNikonはカメラメーカーとしての歴史も長いので、対応レンズが豊富にあります。
それだけでもこの2社を選ぶ価値はあると思います。
 

【ボディのレベルが高い】

CanonNikonは世界中のプロカメラマンが使用するメーカーのため、フラグシップ機というのは発表される度に「このカメラやばい!絶対に買う価値あるわ!」と思わせるものです。
プロ向けのものだけでなく、中級機、エントリー機と呼ばれるものも、前の世代のプロ向け機種に搭載された機能が乗ってくるという事が頻繁に起こるので、発売される機種が全体的に機能が高く、扱いやすいものが多いです。
当然、他のメーカーがダメというわけではありません。
プロでも使えるような機能が充実している機種はありますが、CanonNikonに比べると「層が薄い」という印象です。
同じメーカーでも自分の用途、レベルによって多数の種類がある事が選ばれる理由の1つだと私は感じています。
 

【利用者が多い】

これだけ書くと「周りの人が選んでるから使うとかいかにも日本人みたいな事言ってるな」と思うかもしれませんが、カメラにおいては利用者が多い方が明らかに困りません。
例えば、新しいレンズを買おうとする時にCanonNikonのレンズは利用者が多いので、レビューの記事や動画が多く存在するため、その使用感を確認しながら、自分に本当に合ったレンズなのかということを確認する事ができます。
カメラのレンズは良いものになればなるほど高額になりますので、買った後に後悔しない為に必ず事前調査の時間を多く割くはずです。
その時に利用者が少ないとメーカーだと情報が少なく、店頭で少し触ってみた感触のみで決めることになってしまうかもしれません。
 
また、利用者が多いということは中古も多いのです。
中古市場で多くボディやレンズが出回るということは、買い替えや買い足しをする際に出費を抑える事ができます。
これが他社メーカーだと一気に数が減ります。
私もαシリーズを利用している時は中古で探そうにも思うように在庫がなく、新品ばかり買っていたような気がします。
中古に抵抗のない人はCanonNikonの方が後々幸せになる可能性が高いです。
 

【プロサポートがある】

この話は私のような一般人にはあまり関係のない話となるのですが、プロが選ぶ理由としてはこれが大きく占めると思います。
CanonNikonは老舗ということもあり、プロ向けのサポートが他社と比べて厚い印象があります。
 
リオ五輪Canonがレンズ1500本以上、ボディ950台以上現地に持っていってプロカメラマンのサポート体制を作ったというニュースはまだ記憶に新しいです。
 
プロはかなりハードに機材を使用するため、突然壊れてしまったなどもよくあることだと思います。
そのような時にプロサポートが充実していると代替機の用意や修理ができたりなど、仕事に影響の出ないよう対応してくれることが多いとのことです。
 

3:結局どっちがいいの?

ここまで書いた内容だとCanonNikonも同じじゃないの?と思うかもしれません。
結論から言うとどちらも優れた一眼レフを販売しているので、大雑把に評価をするとどちらのメーカーも大して変わらないでしょう。
ただ、細かい部分で各メーカーの開発理念というものが反映されているところがあるので、最終的にはその細かい部分が自分の好みに合っているかで決定をするのが良いと思います。
 

【色】

これはCanonNikonの比較でよく挙げられる項目です。
一般的にCanonは記憶色。Nikonは記録色と呼ばれることがあります。
確かに私がD800にするか5DⅢにするか悩んでいる時に色々鳥比べをしたのですが、Canonの方がいわゆる「それっぽい写真」を作りやすいと感じました。
「それっぽい写真」とは万人受けしそうなフワッとした写真です。(抽象的ですいません…(汗)
特にポートレートでは女性にしろ、花、小物などふんわりとした写真を出しやすいと感じたので、JPEG撮ってだしでもある程度許容できるなと思いました。
実際、人物、ブライダルなどをメインで撮影している方はCanonが圧倒的に多いとお聞きしたことがあります。
 
対して、Nikonはどうかというと、撮影した色を忠実に再現するということを重視していると一般的に言われています。
なので風景などをはじめとしたネイチャー系カメラマンにはNikon率が高いとよく聞きます。
色の移り方も、個人的にはパキッとした写り方をするなあと感じることが多いので、風景撮影をしている時はものすごく楽しいです。
 
ただ、最近の2社の傾向を見ると以前よりも色に関しての差があまりない感じもします。
AWBが優秀になっているのでホワイトバランスをいじらなくても収まりの良い写真にカメラが仕上げてくれます。
 
ざっくりとした2社の色の表現はこんな感じですが、あくまでもJEPG撮ってだしの印象なので、RAW撮影してLightroomPhotoshopで補正してから現像という方にはあまり影響はないと思います。
撮影後に自分で色をいじくり回せるので。 

【ボディ】

ボディは見てわかると思いますが、CanonNikonを比較すると、Nikonの方がメカメカしいボディと感じる方が多いと思います。
「カメラは見た目じゃない!どんな風に写せるかが大事なんだ!」と考えている方もいらっしゃると思います。
当然、写り方は大事です。
しかし、自分の好きな見た目をしているボディというのも大事です。
自分の好きな物を身に着けているということでモチベーションも上がりますし、撮影自体を楽しめて行える可能性が非常に高くなります。
なので、たかが外見と言わずに、好きな見た目という項目もカメラ選びの際に追加するといいかもしれません。
 

【操作性】

操作性に関してはCanonにしろNikonにしろ、各機種によってボタン配置が違うことが多いので、単純な比較というは難しいですが、私がα77ⅡからCanonにするかNikonにするか悩んで、色々触った感じですと、Canonの方が操作がしやすいと感じました。
インターフェースは各メーカーバラバラなので、メーカーを変更するとマウント替えに伴る出費に加えて、そのメーカーのインターフェースに慣れなければいけないという問題も起きます。
最初Nikonを触った時は「うーん…ちょっとわかりにくいな」と感じましたが、Canonを触った時は結構スムーズに操作することができました。
ただ、この操作性というは結局慣れればどっち選んでも一緒ということもありますので、ショートカットを出しやすいや自分がしょっちゅう弄る項目にアクセスがしやすいなどを実際に店頭で触ってみて確認する程度でいいと思います。
私自身最初は使いにくいと感じていたNikonですが、D800で撮影を重ねるうちにインターフェースがNikonじゃないと気持ち悪いと感じるまでになりました。
 

4:まとめ

CanonNikonかどっちがいいのかというテーマですが、結局「それぞれの好みの問題」という結論になってしまいます(笑)

どちらのメーカーも素晴らしい機種を発売していますし、カタログスペックでは遜色ありません。

なので、一番大事なのは実際に触って、操作してみてしっくりきた方を選ぶというのが良いでしょう。

自分が「これだ!」と感じたカメラで撮影をするのが一番楽しいです。

いかにネットで酷評をされていようが、自分が満足していればそれで良いと思います。

 

というわけで、長々となってしまった番外編①ですが、次回はCanonNikon以外のメーカーにもピックアップしてお話ししたいと思います。
 

Instagramを始めました。

instagram.com