読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

iOS版Lightroomが神アップデートした【RAW読み込み対応!】

とうとうRAW読み込みに対応した!

Adobe CCに加入をしてiPadでもLightroomPhotoshopをフル活用している私ですが、今までiOS版の不満点としてRAW読み込みができないという点がありました。
www.syabelog.site

私の理想とするLightroomの使い方は外で撮影をして、その帰りにSDからiPadへデータ移し、Lightroomアプリに取り込んで選定や補正も帰り道に少し行ってしまうというものでした。

しかし、RAW読み込みができないため、一度帰宅してからメインのPCにデータをコピーし、そしてデスクトップ版Lightroomに取り込んでiPadと同期というやり方しか選択肢がありませんでした。

Appleから純正のSDカードリーダーがあるのにそれを活かしきれていないというジレンマ…
アップル Lightning - SDカードカメラリーダー MJYT2AM/A

しかし、本日のiOS版のアップデートによりRAW画像の読み込みに対応したのです!


実際にやってみた

アップデートで対応したとは書いてありますが、実際にやってみるまで疑心暗鬼な私。

ということで実際に取り込みを行ってみました。

テスト用にサンプルのコレクションを作成としました。

そして「写真の追加」を選択すると…

ちゃんとRAWを認識してます!
今まではRAW画像に関しては「え?そんな画像ないですよ?」みたいな感じで表示すらされなかったので、表示されたということは読み込みもできるということ。

どうやらJPEGなどはアイコンなしで、RAWは画像の中央に「RAW」というアイコンが追加される模様。

ちゃんと選択した2枚がコレクションに追加されてます。

これで私のしたかったことができるようになる…!

iPad Proを使ってて一番嬉しいアップデートだったかも。
そもそもiPad Pro買ったのも写真の補正もiPadでやりたいからという理由が大きかったので。

これで、データのやり取りはかなり楽になります。

今まで以上にバリバリ使えそう。

もう1つの神アップデート

本日のアップデートはRAWの読みだけじゃないんです。

なんと部分補正にも対応しました。

デスクトップ版とかで部分補正結構使う人間なので、iOS版に対応してないのはRAW読み込みができないことと同じくらい実は不満点でした。

しかし、今回のアップデートでそれにも対応!
Adobeさんありがとうございます。

画像の編集画面にいくと右下に「部分補正」のアイコンが出てきてます。

部分補正をタップすると形の選択が可能です。

部分補正できました。

サンプルってこともあるので適当な補正ですが、部分補正でNikonの文字周辺を選択し、適用範囲を反転させ、Nikonの文字以外を暗くしてみました。

形の調整などもデスクトップ版と同じような感覚でできるので、使い辛さなどは感じませんでした。

これでiPad Proでできる範囲が一気に広がりました。

本当にデスクトップ版は書き出し専用になるかも…

まとめ

今回のLightroomのアップデートは個人的に神アップデートです。

人によっては私のような使い方をしないという人もいるかと思うので、そんなに響かないかもしれませんが、私にとっては今まで不満だった点が一気に解消したので神アップデートと言わざるをえません。

先日もしばらくノートPCを買うのを見送るという記事を書きましたが
www.syabelog.site

このようなアップデートがあると、どんどんiPad Proでできることが増えていくんですよね。

タブレットの出荷台数は減っているというニュースを昨今はよく見かけますが、iPad Proのような高負荷の作業にも耐えられるタブレットの出現がタブレット業界のカンフル剤となっている気がします。

クリエイター系の人たちが集まるコミュニティにはiPad Pro結構使っている人いるんですかね?
未だにネットでも12.9インチのiPad Proは使用者が少ないのでいつかAppleがラインナップから切るんじゃないかとビクビクしてます。

最後に、Adobeさんにアップデートしてほしいなと思うところとしては、Photoshopが機能別にアプリが分かれちゃっている状態なので、それを一本化してほしいなとか。
そしたら画像をいちいち別アプリで開くっていう工程がなくなるので、地味に嬉しいです。

まあそれはあまり困ってないので、対応してくれたら嬉しいな程度です。

※ちなみに今回のアップデートはAdobe CCに加入している方のみ対応ということです。Adobe税を払っていない人はRAW読み込みと部分補正を使えないと思うので気をつけてください。