しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

クラウドサービスの話 〜サブスクリプションが広がらない理由と実際のメリット〜

私はクラウドサービスが大好きです。

無料サービスはもちろん、有料サービスもいくつか契約しています。

ヘビーに使用しているのはOffice365Adobe CCですね。
元々Officeはパッケージ版持っていたんですけど、複数端末で使用できる環境が欲しかったのでOffice365 Soloを契約してます。
以前はDropboxとGoogleDriveも契約していたんですが、Office365に契約してからストレージ関係はOnedriveに統一しました。
Microsoft Office 365 Solo - 最新のアプリケーションとクラウド サービス

Adobe CCは本当に便利です。
特に私の場合はLightroomをPC・タブレット間でデータや写真補正の内容を共有するようにしているので、本当に場所を選ばずに作業できるようになりました。
写真補正に関しては机に座ってるより、電車の中やベッドで寝転んで作業している時間の方が長いと思います。

今の世の中便利なクラウドサービスで溢れていますが、実際のところお金を払ってまでサービスを享受している人は意外と少ないと思います。(当然、一定数はいると思いますが、クラウドサービス全利用者の割合で考えて)
少なくとも私の周りの方達は「買い切りは購入検討するけど、月額定額制だと契約しない」と考える人が多いと感じています。

実際のところ、サブスクリプション形式のサービスは実用面でのメリットがかなりあると私は考えているのですが、いかんせんサブスクリプション形式自体が嫌われてしまっては布教のしようがありません。

サブスクリプションへの拒否感

私は実は前職でOffice365を推進する仕事をしていたことがありました。
Office365の導入メリットや実際にどう運用したら良いのかというのを中心に営業(布教活動)を行っていたわけですが、結構多くの人が「月額定額っていうのがなあ…」という反応。
実際に日本では海外に比べてクラウドへの移行がかなり遅れていることもあり、MSだけでなく、他社も同じく苦戦をしていると思います。

各社が提供しているクラウドサービスは月額定額を支払うに値するメリットはそれぞれあるのですが、単純に「同じ金額を継続して支払い続ける」ということに対して損をしていると感じる人が多いのではないでしょうか。

継続して払い続けるサービスに慣れていないからというのもありそうですが、一番の理由は「サービス・ソフトを買ったらアップデートしなくても問題ない」と考えている人が大多数いるからじゃないかなとも考えています。
Windows10のアップデート騒動も「え?わざわざアップデートする意味ってあるの?」と言う人が私の周りに結構いました。
そういう人からすると、金銭取引を一度行えば永続的に使用権利を得られるパッケージ版があるのに、わざわざサブスクリプション形式の契約をする選択は自動的になくなるんですね。

あとはクラウドに対しての信頼感がまだ曖昧とか。

クラウドっていうもの自体がふわふわしててよくわらない。だから信頼できない」というのはよくある話です。
データなどは全部自分の管理できる場所に置いておきたいと考える場合は、どうしてもクラウドサービスは不利です。

オンプレミスとクラウドどっちが安心かっていったらクラウドの方が良いと思うんですけどね。
災害とかあっても、データをクラウドに預けておけばすぐ復旧できますし。

サブスクリプションはお得なのか

費用面は変わらない

当然買い切りタイプを安く仕入れられれば、値段面でサブスクリプションは太刀打ちできませんが、安く仕入れられるというのは海賊版だったり、バージョンが古いやつだったりなどします。
結局、定期的に安定したバージョンを使っていこうとすると、パッケージ版もサブスクリプションも費用面は変わらないということが殆どです。
逆に4年以上使用する場合はパッケージ版の方が安く済む場合が多いようですが、4年間ソフトのバージョンアップをしないというのはちょっと怖いですし、新しい機能などを享受できないデメリットを考えてオススメはできない運用です。

サブスクリプション契約のみの特権

Office365にしろ、Adobe CCにしろ、サブスクリプション契約をしている人にはパッケージ版の人よりも優遇される事がしばしばあります。

例えば、Officeの場合はOnedriveがパッケージ版は使用期間が限定されています。
office premiumでOnedriveは使用することはできるのですが、1年間と期間が決まっており、2年目以降は契約が必要です。
また、Officeソフトのインストール台数はWindowsMacが切り離されています。
Windows用のOfficeを持っていても、Macにインストールできないためそれぞれ買う必要があります。
Office365なら合計2台分(WindowsMac合計で)+スマートフォンタブレットで使用できます。
最近はスマートデバイスを複数台持っている人も珍しくはないので、自分の持っている端末どれでもOffice環境を使えるようにしたいのであればOffice365がお得でしょう。

Adobe CCもサブスクリプション契約している人に限定して機能などが追加されたりします。
先日iOSLightroomでアップデートされたRAWファイルの読み込みと部分補正機能はAdobe CCに契約している人のみ使用できる機能となります。
www.syabelog.site

Adobe製品はソフトも多く機能も豊富なため、Adobe CC限定の機能を全部把握はしておりませんが、今後も便利な最新機能はAdobe CCにのみ配布というのは普通に行われていくと思います。

安定した運用

クラウドサービスを利用する一番のメリットは個人的に「様々な環境でも安定して運用できる」ということだと思います。

上記でも少し書きましたが、災害時にPCや外部ストレージが壊れてしまったり紛失してしまった場合、それを普及するためのバックアップがなければ完全に0の状態になってしまいます。
ただ、クラウドにデータを保存していた場合、細かい設定などはさておき、データに関しては無傷のまま普及することができます。
保険みたいなものですね。

今後はパッケージ版がなくなる

おそらくパッケージ版はいずれ廃止されると思います。
それがいつになるかわかりませんが、少なくとも、多くの企業でパッケージ版の販売というのを少なくしていく方針が取られています。

企業側からすると海賊版の対策とかライセンスの管理がしやすいからとか色々理由があるとは思います。
ユーザー側にもサブスクリプションのメリットはいくつかあるし、比較的パッケージ版よりもはるかに優遇されているのが殆どです。

とりあえず契約してみて1ヶ月分だけ払って契約更新しない方法もサブスクリプションはできますからね。
お試しでまずは契約してみるっていうのもありだとは思います。