しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

スティックPC ドスパラ Diginnos Stick DG-STK1を数ヶ月使用したレビュー

f:id:syabelog:20160801233031j:plain

PCがスティック状になる時代が来た

数年前からスティックPCという機種が少しづつ増えており、色々なメーカーが販売をしています。

いやー、すごいですね。
PCがポケットに入る時代です。

これがあればテレビ(またはディスプレイ)があればどこでも自分のPC環境で作業できるようになります。
素晴らしい。

こういう技術にはロマンを感じますね。

ということでスティックPCを購入してみることにしました。

どんなのがあるの?

スティックPCは意外と種類がありまして、スペックもそこそこ動かせるものから安価なものまで揃ってます。

有名どころはこんな感じ

マウスやキーボードは基本的に付いていないので、何かしら繋げる必要はありますが、どのBluetoothは標準搭載されてますし、USBはだいたい1つ〜2つは最低付いているので、無線接続するのには困りません。

正直なところそれぞれの機種に差はあまりないのですが、強いて言うなら気になるのはファンの有無くらいでしょうか。

ストレージに関してはだいたい32GBか64GBとなりますが、そもそもスティックPCでがっつりファイルを保存しまくる人はいないと思いますので、あまり気にしないでいいでしょう。
CPUも殆ど機能的に差はないので気にしなくていいと思います。

ただファンの有無は気にした方がいいです。
ファンがある方が安定して使用することができるので、ヘビーに使おうとすればするほど差が出るところとなります。

とりあえずスティックPCを体験したかった

私がスティックPCを買った一番の目的は「とりあえずスティックPCを体験しよう」というものだったので、一番安価なものを選びました。

今はこれの後継機が出ているようですね。

今買うなら新しい方が良いかも。

これと一緒に使っていたマウスとキーボードはこれ。

これタッチパッドとキーボードが一体化しているやつなんで、使うUSBの差込口1つで済むんですよね。
打感は軽めなんで人によっては気になるかもしれませんが普通に使える範囲。

持ち運びを考えるともっとコンパクトなやつが良いでしょうけど、私は家のリビングでの使用を想定していたので、基本的に外には持ち運ばないつもりでしたので、そこそこ大きくても気にはなりませんでした。

家で使う分には良いキーボードだと思います。

実際にスティックPCを使って

私がスティックPCでしていたことは主に動画視聴です。

YouTubeニコニコ動画を始め、hulu、dビデオ、Amazonプライムビデオなどで使ってました。
他にはブラウジングやOfficeソフトでの編集など。

あとsteamのホームストリーミングもやってみました。

できるかちょっと微妙かなーって思っていたんですがちゃんと動きました。
ちなみに動かしたのはOutlast

Outlast on Steam
グラフィックの設定は高くできませんが、中程度でしたら問題なくプレイできました。

大画面でのOutlastは大変怖かったです。

でも上記の中でdビデオだけは上手く動かなかったんですよね。
他の動画配信サービスは問題なく長時間再生できるのに、dビデオだけはカクカクで見るに堪えない状態でした。
dビデオってブラウザもChromeMicrosoft Edgeに対応してないし、作りとしてなんか微妙なんですよね。
百歩譲って推奨ブラウザがInternet Explorerだとしても、シェア率の高いChromeとWindows10の標準ブラウザに対応してないとか、ちょっとどうなんですかね。

まとめ

後半はdビデオの愚痴になってしまいましたけど、私が想像していた以上にソフトを動かすことができたので、良い意味で裏切られたと思いました。

今はまだスペック的にもあまり高くないものが多いですが、そのうち数年前のノートPCと同じレベルになるとしたら、PCを活用できる場所が一気に増えたりして面白いかなと。

テレビに差して使うタイプのものは他にもGoogle Cast(旧Chrome Cast)やAmazon TV、Apple TVなどがあります。

Fire TV Stick

Fire TV Stick

スティックPCとこれらで決定的に違うのが「PCである」ということです。
PCであるが故に出来ることは無限大なわけです。(当然スペック的に厳しい作業はありますが)

ちょっと気になっているなと考えている人は、とりあえず一番安価なスティックPCを買ってみるというのもありかと思います。

通常のPCと比べると低スペックとはいえ、1万円を切る価格でPCを買えるのですから、コストパフォーマンスはそこそこ高いと言えるのではないでしょうか。