読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

神奈川にある廃村に立ち寄ってみた話

廃墟写真を撮りたい

元々風景写真とかをメインに撮影をしていたんですが、今年の6月に猿島へ行ってから廃墟写真を撮りたい欲がかなり上がってました。
www.syabelog.site

廃墟って人工物と自然が融合していて、その「異質感」が異常にノスタルジーにさせるというかなんというか…

廃墟って廃墟にしかない魅力がありますね。

ただ、廃墟で撮影をしようとすると結構僻地が多いため(人が立ち入らなくなった場所がほとんどなので)移動費用がかかってしまう事が殆どです。

「廃墟撮影に行きたい…でもお金ないっ…!」みたいな貧乏カメラマンの私はとりあえず関東圏にないか検索をしてみました。

どうやら神奈川に廃村があるらしい

検索をしているとどうやら神奈川に廃村があるとの情報。

場所はJR田浦駅から少し歩いた場所のようです。

しかし、廃墟ではなく廃村とは…

この廃村は殺人事件や不吉な事件が多発して廃村になったとか、よく心霊系である曰く付き廃墟ではなく、この地域を開発しようとしたが開発業者とのトラブルにより開発が頓挫。
そして開発がストップしたまま放置されたため廃村となったようです。

神奈川に廃村があるなんて知らなかったので結構驚きましたが、何はともあれ近場に廃村があるということで交通費はかなり浮かせられると思いました。

散歩カメラをしながら行ってみた。

行き方としてはJR田浦駅京急田浦のどちらかです。

私はこの日たまたま京急沿線上の他の駅に寄ってから行こうとしたので、京急田浦から歩いて行きました

場所の目印は「JRと京急の線路が交差する地点」とのことだったので、それを目指してひたすら歩きます。

そうすると小さい踏切が近くに見えます。
ここまで来るともう到着です。

このまま道(というか森の中)を歩いて行くと廃村に着きます。
どうやら廃村までの道はハイキングコースになっているようです。
時期や時間によっては廃村目的じゃない人も結構行き来するのかもしれません。
私の時は人の気配0でしたが。

いざ廃村に到着したが…

目当ての廃村に着いたのは良いのですが、入り口からちょっと覗いただけですぐ引き返しちゃいました(笑)

なんていうか雰囲気やばかったです。
曰く付きではない事は知っていても、異様な風景にのまれてしまって中に踏み入れる勇気が出なかったです。

チキンです。
はい。

私のようなビビリには1人で廃墟は厳しいなと痛感しました。

でも廃墟写真は撮りに行きたい。
ジレンマ。