読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

あえてマイクロフォーサーズを選ぶ理由について

f:id:syabelog:20160809135118j:plain:w500
今回はカメラの話です。

今までフルサイズ・APS-Cマイクロフォーサーズを使った私ですが、現在の体制はフルサイズとマイクロフォーサーズの2機種。

そんな私がマイクロフォーサーズの魅力を勝手気ままに語る記事です。

【目次】

センサーサイズについて

現在デジタル一眼のセンサー規格は主に3種類あります。*1


フルサイズは各社最上位機種を揃えている規格なので高価なカメラが揃っています。
プロはだいたいこの規格をメインカメラとして使用していますね。

APS-Cサイズはいわゆるミドルレンジという領域で、アマチュアの方はもちろん、プロの方もこのサイズを利用することは多々あります。
*2

そしてマイクロフォーサーズですが、3つの中で一番小さい規格であり、規格の特性上コンパクトなボディのカメラが多いです。

センサーの特徴

フルサイズ

一般的にセンサーサイズが大きくなればなるほどボケ感を生み出しやすく、高感度耐性もあると言われています。
そしてダイナミックレンジが広いため、色調が豊かに再現できるため「綺麗な写真」を撮影しやすいです。
これがプロの方がフルサイズを好む理由ですね。
単純にセンサーサイズのスペックとしてフルサイズが勝っているからです。*3

APS-C

このセンサーはフルサイズよりは小さいものの十分なボケ感も演出でき、かつ、ボディも比較的フルサイズと比べて安価なため、デジタル一眼デビューをするはこのセンサーサイズのカメラを選ぶことが多い傾向です。
焦点距離がフルサイズの1.5倍となるため、望遠レンズとの相性が良く、鳥の撮影やモータースポーツをよく撮影する人に好まれてますね。

カメラメーカー各社ともこのセンサーサイズのラインナップが一番揃っているので、選ぶのが楽しい反面、色々と悩んじゃいます。

マイクロフォーサーズ

他のセンサーサイズと比べて小さいため、ボケ感はフルサイズと比べると小さく、高感度耐性も弱い傾向にあります。*4

しかし、最初に書いたように、他のセンサーサイズと比べて小さく、コンパクトなボディを設計しやすい特徴があります。
レンズサイズも小さいので持ち運びに便利です

マイクロフォーサーズのメリットが持ち運びだけという点だけ見ると、人によっては「マイクロフォーサーズ選ぶくらいならフルサイズかAPS-Cのミラーレス機買うわ」っていう意見の人もいます。

こんな風に書いちゃうと「マイクロフォーサーズ選ぶ理由ないんじゃね?」と思ってしまいますが、色々と良いところもあります。

マイクロフォーサーズを選ぶ理由

理由①:オリンパスパナソニック両方楽しめる

マイクロフォーサーズオリンパスパナソニックの共同開発で作られたセンサーのため、両社のボディとレンズを共有できます。

他社ではメーカーが変わると基本的にマウント部分も変わってしまうため、いわゆるマウント替えをせざるを得ません。
私もSONYからNikonに変えた時にレンズ資産が一度0になりました。

マイクロフォーサーズは一度レンズを購入しておけば、例えばパナソニックを現在利用しているが、オリンパスから魅力的なボディが発表されたという時に、レンズ資産をそのまま使用できるので買い替えが楽というメリットがあります。

理由②:被写体深度が深い

これは人によってはデメリットなんですけど、使い方によってはメリットにもなります。
被写体深度は浅いほどボケやすい絵が作りやすいため、ボケ感を重要視する場合はデメリットとなってしまいます。
マイクロフォーサーズは被写体深度が深いため、他のセンサーサイズと比べてボケ感が生まれにくいです。
でもそれはパンフォーカスしやすいということなんですよね。

全体にピントを合わせたい時にフルサイズではF値を結構上げるんですが、マイクロフォーサーズの場合はF値をそこまで上げなくてもパンフォーカスしやすいです。*5

これは暗い場面などで役に立ちます。

F値を上げてしまうとどうしても暗くなるので、ISO感度を上げなければ なりません。
そうなるとノイズが目立ってしまいがちです。
そこでマイクロフォーサーズを使うと、F値をあまり上げずに明るい設定のままパンフォーカスを作り出すことができます。

理由③:小さい&軽いは正義

マイクロフォーサーズはとにかく小さくて軽いです。
ボディだけで見ると他のミラーレス機も同じような大きさですが、レンズに関しては比較にならないほど小さいです。
例えば私がNikonで使っているTAMRONの70−200mm F2.8ですが、これは重さが約1.4キロあります。

良いレンズなんですけど、常にこれをつけて歩き続けるのはかなり厳しいです…

そこでマイクロフォーサーズ規格の同じ焦点距離くらいのレンズを探してみると…
Panasonic 約360g

オリンパス 約880g

どちらも軽いです。
オリンパスの方が少し重いですが、焦点距離が35mm換算で300mmまで使えることを考えると、この重量はとんでもなく軽いです。
パナソニックなんか360gですからね。
フルサイズのレンズでこの重量だと安価な標準レンズぐらいでしょうか。

これだけ小さくて軽いとストリートスナップでも使えますね。
ストリートスナップでフルサイズの70−200使うと威圧感半端ないので(笑)

理由④:安い

レンズが安いです。
当然、例外もあるのですが、フルサイズ・APS-Cと比べると安価で綺麗に撮影できるレンズが多いです。
財布に優しいのは素晴らしい。

レンズ沼に入りやすいですね。

まとめ

主な理由としては上記の4つですね。
細かいことを言えばもっとあるんでしょうけど。

センサーサイズが小さいが故に、フルサイズ至上主義の方からの評価はあまり高くはないですが、プロでもマイクロフォーサーズ規格のカメラを使用する人も増えてきていると思います。
オリンパス岩合光昭さんとか有名ですよね。
岩合光昭オフィシャルサイト

どんなに良いカメラを持っていても、外に持ち運ばなければ宝の持ち腐れですし、フルサイズだから良い写真が撮れるというわけでもないので、自分の使いやすい規格のものを選ぶことが大切だと思っています。
極論言えばスマホでも良い写真はいくらでも撮れますし。

センサーサイズの大きさで悩んでいる人は結構いると思いますが「マイクロフォーサーズは弱点を補うほどのメリットもあるよ!」というのが少しでも伝われば幸いです。

*1:1インチセンサーについては今回スルーします

*2:厳密に言うとCanonAPS-Cは22.4mm×14.9mmなので他社よりも若干小さいです

*3:しかし更に大きいセンサーで中版とかありますが、現状スタジオ系のプロかカメラ沼住民御用達なので一眼初心者が扱うの厳しいです。価格的にも

*4:最近は結構高感度耐性強くなっていますがフルサイズと比べるとやはり厳しい

*5:マイクロフォーサーズのレンズは比較的絞り開放から解像度の高いレンズが多いため、常時絞り開放というスタイルの人は結構いると思います。