読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

iPad Proおすすめの有料アプリ

iPad Proを買って数ヶ月経ちました。

よく色々なサイトでiPad Proおすすめアプリ集というのはやっていると思いますが、今回は有料アプリに絞って「お金を出す価値があるアプリ」と私が感じたアプリをピックアップして紹介したいと思います。

ちなみに私が持っているiPad Proは12.9インチのため、使用感などは12.9インチベースとなります。
※アプリの内容は基本的に12.9インチも9.7インチも変わりませんが、見やすさなどが違うため、その点はご了承ください

関連記事
www.syabelog.site

買ってよかったアプリたち

Cute CUT Pro


iPadで動画編集といえばこれ。
iMovieよりも高機能で色々と手の込んだ編集が可能となります。
ただ、高機能がゆえに動画編集初心者にはわかりにくいため、これを買う前に少し自分で動画編集をちょっと行ってみたほうがいいです。
トランシジョンが豊富にあり、ピクチャインピクチャもできたりするので、エフェクト使いまくった映像編集はしないけど、ただ切って貼っての動画はつまらないという人はこれがおすすめ。

Color Splash for iPad


画像全体をモノクロにして一部をカラーにしたりなどの作業が簡単に行えるアプリです。
今まで私はこのような処理を行う場合はPhotoshopでモノクロのレイヤーとカラーのレイヤーの2つを組み合わせて作成していたのですが、このアプリのおかげでかなり楽になりました。
ちょっと一味違う写真を作りたい人にはオススメです。

Procreate


お絵描きアプリの定番です。
色々なブラシや色の調整が可能であり、このアプリがあれば大抵のものは書き上げることができます。
レイヤーでの編集も可能なので、資料画像のレイヤーを設定し、そのレイヤーの透過率を上げることでトレース作業も簡単に行えます。
お絵描き練習アプリとしてもいいです。
私は画力が壊滅的にないので、お絵描きの練習でよく使用してます。

Zen Brush 2


書道アプリです。
このアプリの凄いところはApple Pencilの傾けた角度も感知して、本当に筆で書いているような感覚を味わえるということ。
水墨画風の絵を描くも良し、書道の練習をするも良し。
とりあえずiPad ProでApple Pencilの凄さを味わうためにお金払う価値があるアプリです。

ATOK -日本語入力キーボード


これは12.9インチのiPad Proなら特に必須かと。
12.9インチのiPad Proはキーボード入力でフリックの選択肢がないので、外部キーボードをインストールする必要があります。
その時にこのATOKをインストールするとフリック入力ができるようになります。
「私はスマートキーボードかディスプレイキーボードしか使わないぞ」って人はいいですが、私はiPad Proを縦持ちして文字入力を結構するので、フリック入力ができるというのは必要なため購入しました。
AppleがOSレベルでフリック入力対応してくれるなら買う必要はないのですがね…

Documents 5


ファイルマネージャーアプリです。
かの有名なGoodReaderを以前使っていたのですが、細かいところでこちらの方が使いやすかったので現在はDocuments 5を使っています。
ただ、機能自体はGoodReaderとほぼ同じなので、すでにGoodReaderを持っている人は無理して購入する必要はないと思います。
とりあえずファイルマネージャー系アプリは入れた方がいいですね。
PDF資料の管理とかめっちゃ楽になります。

twinkle


iPadの2ちゃんブラウザです。
これも必要かどうかは人によって違うでしょう。
私は家電関係の板には張り付いて見ているので、見やすい2ちゃんブラウザは必要でした。
これはSplitViewにも対応しているので非常に使いやすいです。

SmilePlayerHD


ニコニコ動画専用動画プレイヤーです。
本家ニコニコアプリが使いやすいならわざわざサードパーティー製を使わずに済むのですが、本家アプリがあまりに出来として適当すぎるので使わざるを得ない状況。
このアプリも正直な「ああ、これできないのか」とかありますが、本家よりはかなりマシです。
私はYouTubeニコニコ動画をBGM代わりに流しっぱなしとかよくやるので、動画プレイヤーは快適な方がいいと思いこれを購入しました。
できれば本家アプリに頑張って欲しいんですけどね…

ComicGlass


自炊本を読む時に使います。
これはかなり有名なアプリなんじゃないでしょうか。
ビューアーは他にもSideBooksというアプリもあるので、人によってはこちらの方を愛用している方も多いかと。

私は2つを使い比べてComicGlassの方が画像の読み込み時間が短いと感じたため、ComicGlassを愛用してます。
アプリから直接クラウドストレージと連携して、ダウンロードすることが可能なので、わざわざファイル移動のためにiTunesに繋ぐ必要はありません。
この機能はかなり便利です。

GoodNotes 4


メモアプリで使ってます。
かなり高機能でApple Pencilとの連携はバッチリです。
Apple Pencilと連携していれば手のひらが触れても反応しないので本当に紙に書いているような感覚になります。
ペンの種類、太さ、色も豊富なため、単純なメモ書きアプリとしての枠組みを超えて、勉強ノートとしておすすめしたいアプリ。
学生さんはこのアプリに授業とか受験対策の書き込みすると捗るかも。
私も現在は語学の勉強をしているときはこのアプリを使用してます。
最低でも1日1回は起動しているため、私にとってベストバイアプリ。

Auxy Music Creation


音楽制作アプリです。
iPadで音楽制作というとGarageBandが有名ですが、あれは結構使いこなすのが難しいです。
しかしこのAuxy Music Creationを使えば簡単に音楽を作ることができます。
ループされるいくつかのパターンを組み合わせて楽曲を組み上げていくので、色々と試すうちに新しい発見をすることもしばしば。
遊びで触っているだけでも結構楽しめるアプリです。

Tweetlogix for Twitter


Twitterクライアントです。
これはiPhoneの時からかなり愛用してます。
Twitterクライアントは無料から有料まで数十個試しましたが、最終的にはこれに落ち着きました。
アプリの動作は軽く、表示の設定なども細かくできるため、快適にTwitterが楽しめます。

Duet Display


iOSバイスをPCのサブディスプレイに変貌させてしまうという神アプリ。
PCはMacWindowsどちらにも対応しているので、とりあえず買っておいても損はないです。
外でもデュアルディスプレイで使いたいという人はあまりいないでしょうが、iPadを持っていくだけで必要なときはサブディスプレイとして使えるという安心感はあります。
動作も特にカクツクこともなくスムーズに動くため、本当に普通のディスプレイに繋いでいるような気分になります。

さいごに

適当に有料アプリを列挙しただでもこれだけあります。
iOSアプリは比較的質の高いアプリが豊富にあるので、無料のみでなく有料も視野に入れて検討すると一気に快適度が上がります。
さすがに数千円のアプリをバンバン買うのは躊躇しますが、数百円払うだけで快適なタブレットライフを送れるとなると安いものです。

今回ピックアップしたアプリは当然現時点であり、かつ、私の主観がかなり入っているアプリ達です。
とはいえ、どれも買ってよかったと思えるアプリなので、同じようなアプリを欲しいと考えてた人の参考に少しでもなれば幸いです。