読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

新宿歌舞伎町にある謎のスポット 侍ミュージアムに行ってみた話

ミュージアムとは

2015年、新宿歌舞伎町に突如開館したという侍ミュージアム
海外における昨今の日本文化ブームの流れに乗って企画したのだろうか、どうやら海外からの観光客に人気のスポットらしい。

新宿には元々観光客が多く来る場所だし、歌舞伎町にはゴールデン街という人気スポットもあるので、確かに外国人観光客を呼び込むにはうってつけの立地かもしれない。

HPより展示物の内容をちょっと見てみると、甲冑や刀剣を中心に展示しているようです。

イロモノの香りがプンプンいたします。
現役忍者とかいたらどうしよう。

どう考えても外国人観光客向けで、日本人への知名度がかなり低いように思われたため、あえて突入してみることにしました。

いざ、出陣!

歌舞伎町を歩き続けて「本当にこんな所に侍ミュージアムなんてあるのか…?」と不安になり始めたちょうどその時に突如現れました。

中に入るといきなり甲冑が。

入場料は1,800円となります。
地味に高い。
上野の西洋美術館とかでやってる展示会でも1,500円位なのに。

お客さんは思った通り、ほぼ外国人観光客でした。
日本人は私と他に1組家族がいたくらい。

甲冑が並んでいるフロントの先にある階段を登るとメインの展示品が置いてあります。

面白かったのが、よくある展示会のように開けたスペースに多くの展示物が置いてあるわけではなく、和室が3〜4室あり、その中に展示物を置いてあるというスタイルです。


人があまり多くないということもあるのですが、結構ゆっくりと見ることができます。

というか、展示物自体があまりないのでゆっくり見ないとすぐ終わっちゃいます。

ここ侍ミュージアムは甲冑・刀剣の展示以外にもショーをやっているらしいです。
私が行った時はショーの後半だったので、全部は見てないですが、ショーをちらっと覗いた時剣道の構えの解説をしてました。

行くとネタにはなるかな

正直内容は他の博物館や美術館などと比べると劣ってしまうことは否めないですが、間近で甲冑などを見ることができ、試着もできちゃったりするので、一回くらいはネタとして行ってみても良いと思います。

「歌舞伎町なんて怖いところ歩けない!」っていう人は昼間に行ってください。
昼間なら全然呼び込みとかもいないので。

動画撮影はできませんが、写真撮影はできるので資料画像を撮りに行く目的でも良いかもしれません。

刀剣や甲冑が好きな方は是非