しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

Appleの新作発表会から見えたAppleの厳しい戦い


日本時間の2016年9月8日午前2時からAppleの新作発表会がありました。

私は当初「毎年寝てるから今年はリアルタイムで見るぞ!」と意気込んでいましたが、発表会目前にして心が折れました。
↓その様子のツイート

とりあえず朝起きて発表会のまとめ情報などを見ました。



iPhone7、iPhone7Plus、Apple Watch Series2どれも魅力的な製品に仕上がってます。
iPhoneはやはりカメラ機能の充実が良いですね。
F1.8の明るいレンズと光学2倍ズームは素晴らしい。

あとはFeliCa対応バージョンが発売されるということでしょうか。

Apple Watchに関してはようやくIP67に対応したとのこと。
しかし、Android Wearはとっくに対応しているものが多く出ているので、正直遅いくらいですけど。

今回は新型のMacBook Proも期待されていたのですが、その発表もなく、上記の3つのみとなりました。
こうしてみるとどの製品も、順当に進化をしているなと印象を受けますが、どことなくAppleらしくないなというか、Appleも厳しいんだなと感じたことがあります。

日本対応モデルを出してきたことの意味

iPhoneがようやくFeliCaに対応しました。
ちなみにApple WatchFeliCa対応らしいです。

このFeliCa対応モデルはどうやら日本専用らしく、海外モデルでは従来通りのiPhoneに仕上がっているようです。

日本人としてはこのような対応に喜びたいところですが、Appleがここまでしなくてはいけなくなったということに少し複雑さを覚えます。

今までのApple「俺の作る端末が最高なんだ。お前らが合わせろ」ってスタンスでした。
それはもうトリコのゼブラみたいな感じに。

しかしまあ、その傲慢さとも言える姿勢も1つの魅力というもありました。

iPhoneは日本でこそ左見てもiPhone右を見てもiPhoneという環境ですが、世界全体で見るとAndroidの方がはるかに優勢で、iPhoneのシェア率が50%を超えている国自体が非常に稀です。

今回日本対応モデルを出してきた背景には、やはりAndroid勢の優勢さを今までのやり方では難しいと判断したからでしょう。

iPhone大好きな日本人に対して、さらに日本仕様の端末を出すことで、まずは日本でのシェア率がを上げようという戦略だと思います。

また、今回の発表の中で任天堂がSuper Mario Runの開発や、ポケモンGOApple Watch対応という発表もありました。

これもApple Watchの売れ行きが微妙だったこともあり、カンフル剤としてポケモンGoに対応にさせたのでしょう。

そもそもポケモンGo Plusがもうすぐ発売すると思いますし、ポケモンGoの為だけにApple Watchを買う人間は少ないでしょう。
ただ、買うきっかけを与えるには十分です。
私も一瞬揺らぎました(笑)
でもAndroid Wear持ってますし。

ポケモンGoはそもそも今後永続的に続くサービスではないので、それにもすがるというのは思っていた以上にAppleは厳しい戦いを強いられているのかなと印象を受けました。

Apple WatchポケモンGo対応したぜ!」って言っても、上記のようにポケモンGo Plusももうすぐ発売予定で、そのうちAndroid Wearにも対応するでしょう。

そしたら今回の発表でのApple Watchの優位性はなくなってしまうので、今回の発表で購買意欲を促進させるのはあくまでも一過性ものとなります。

Macに関してはここ最近良いニュースが多いですが、ことiPhoneに関してはあまり芳しくありません。

そんなAppleの実情が見え隠れした発表会となってました。

筆者的に新型iPhoneApple Watchは買いなの?

私は買いだと思います。

カメラ機能のブラッシュアップはかなりしてありますし、個人的にはカメラ周りの機能がほしいが故に買い替えも一瞬考えました。
でも今の買い物プライオリティがスマホよりもカメラ関係で、そっちにお金残したいんです。
今年はフォトキナもあるし、近々GH5が発表されるかもしれませんし…

そもそも私は外出する時はほぼ一眼を持ち歩いていますし、最近スマホカメラを使わなくなってるんですよね。
ただ、私のような人は珍しいと思うので、一般的に考えれば、スマホカメラの充実は非常に享受しやすいアップデートなのではないかと思います。

CPUのアップデートに関しては多くの人には今現在のAX9で十分ですが、重いゲームをする人にとっては朗報でしょう。
プロデューサー業を営んでいる人は買いですね。
ちひろさんが「リアル課金をするんですよ!プロデューサーさん!」って囁いているようです。

Apple Watchに関しても買いだと思います。
正直第1世代のApple Watchがプロトタイプ感がものすごかったですが、新型Apple WatchApple Watch OS3の組み合わせで、ようやく実用に耐えうるレベルまできたと思います。
ウェアラブルバイスは去年下半期から今年にかけて、一気に性能が上がってますので、今までの買い控えていた人はこの機会に購入してみるのはありだと思います。

今回の発表会で残念だったのがMac関連の発表がなかったこと。

第2世代のiPad Proは今年の年末から来年あたりかなーとは思っていましたが、Macに関してはそろそろ発表した方が良いじゃないでしょうかね。