しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

レンズの話 AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gレビュー【ニコンの撒き餌レンズ】

まずは買うよね50mm

一眼を買った人がまず手を出すのが50mm単焦点

扱いやすい焦点距離ということもあり、どのメーカーも撒き餌レンズとして安価なのに写りが良いレンズをラインナップに揃えてます。

もはや私が語る必要があるのかというくらい多くの人がレビューをしてるので、単純にこのAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの事だけをレビューするのではなく、各焦点距離の特性などについても語っていきたいと思います。

50mmという焦点距離について

50mmの単焦点レンズはキットレンズを使用していた人がステップアップとして勧められるレンズです。

50mmの焦点距離が勧められる理由として「人の見ている風景に近いから」というものがよく言われますが、実際撮影をしてみるとわかりますが、本当に見ている感じに近い焦点距離というのは30mm〜35mmです。
50mmはぱっと見ている風景というよりは「目の前の対象物を注意深く見ている時の視野」に近いと私は思います。

じゃあ、50mmって使いづらいんじゃね?と思うかもしれませんが、写真撮影になるとそうでもないのです。
50mmは目の見ている風景に近い画角であり、ボケ感を出しやすい焦点距離なのです。
広角になればなるほどボケは出にくくなります。
ボケが出しやすいからといって85mmの単焦点とか望遠単焦点とかに手を出すと、それこそ扱いに困って挫折してしまいます。

よって50mmというのはボケ感を出しやすく、かつ、初心者でも扱いやすい画角という絶妙さを持っているのです。だからステップアップでよく勧められるのだと思います。

そこから派生して35mmが良いとか、85mmが良いとか皆さん好みで分かれていきます。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの使用感

Nikonから出ている撒き餌レンズこと50mm F1.8。

作りとしては安価だからといってチープな外観ではなく、他のNikkorレンズと同様の雰囲気を持ってます。

50mm単焦点は多くのメーカー共通して非常に軽く、小さいことが特徴として挙げられます。
このレンズもそれに漏れることなくフットワークの軽い撮影を行える作りとなってます。
70-200mmとか24-120mmと比較すると雲泥の差です。
サイズが小さいということもあり「使うかわからないけど、とりあえず持っていく」という感じで扱えることもこのレンズのメリットでしょう。
ズームレンズは便利ですが、こと描写にこだわりたい時は単焦点を使いたくなりますし、そんな時にさっと持ち出せるレンズがあるということは写真撮影の楽しさも実感できるはずです。

AFに関してはそこそこ早く、普通に撮影してるぶんには不満点はないです。
AFが爆速なNikonの60mmマクロを使った後だと少し遅く感じますが、一般的には早い部類に入ると思います。

描写に関しても、ズームレンズとは違う切れ味とボケ感を味わえるため、写真撮影が上達したかのような錯覚に陥ります。
描写から値段を考えるとコストパフォーマンスがめっちゃ良いです。
だから撒き餌レンズと言われるんですが。

ただ、このレンズの弱点として最短撮影距離が地味に長いというものがあります。
外での撮影ではあまり気になりませんが、室内撮り、特にテーブルフォトなどでは焦点距離の長さが仇となって上手くフォーカスを設定できないこともしばしば。
そのような用途が多い場合は35mmとかがオススメかもしれません。

作例

もうこの世に50mmF1.8の作例は溢れかえってますが一応載せます。


F3.5 SS1/80 ISO100



F4 SS1/80 ISO100



F1.8 SS1/2500 ISO100



F1.8 SS1/50 ISO140

最初の写真はNikonミュージアム、後の3枚は三渓園で撮影をしました。

三渓園は50mm単焦点1本で挑んだので、結構撮影に苦労はしましたが、おかげさまで良い練習になりました。

ズームレンズは確かに便利ですが、たまに「単焦点で撮らないと腕が鈍りそう」って思っちゃうんで、定期的に単焦点1本で撮影をします。
普通に考えたら画角に自由度があるズームの方が上手くいきそうなんですが、単焦点の方が頭を使って撮影するので、不便さはありつつも結果的に良い写真が出来上がることは多いです。

今はまだキットレンズしか使ったことしかないという人は、せっかく一眼を買ったんだから単焦点の1本や2本購入しても損はないと思います。

特に撒き餌レンズは安いですしね。