読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

ネスカフェ ゴールドブレンド TAMAと旧タイプの違い

先日私が愛用していたネスカフェバリスタが壊れました。

そのバリスタは2012年の春に購入した物で、1日に私以外にも家族が使用したりしてたので、かなりヘビーに使っていたと思います。
完全に老衰です。
よく働いてくれました。

壊れたということで先日新しいバリスタを購入したのですが、旧タイプと結構デザイン面含めて違う部分がありましたので、今後購入を検討している方の参考になればと思います。

旧タイプとの違い

外観&重さ

TAMAは旧タイプと比べて高さが低くなり、横幅が増えました。
少し丸みを帯びた形状となっているので、今まで旧タイプを隙間にピッタリとしまっていた場合は入らなくなるかもしれません。

重さは約200kg程軽くなったようです。

給水タンク

200ml増えて容器が透明になりました。

一回に給水できる量が増えたのはヘビーユーザーからしたらありがたい仕様変更です。
容器が透明にもなったので、残量がわかりやすくなりました。

しかし、プラスチックの質感が若干安っぽくなったような…

コーヒータンク

コーヒータンクは形状がかなり変わりました。
今まではこのような形状

そしてTAMAはこんな感じ

入れ替える時はこのように向きを変えて入れます。

コーヒータンク周りで言うとTAMAの上部は透明になっているので、今までのようにいちいち蓋を開けて残量を確認する必要がなくなりました。

たまにコーヒー入ってない時に作っちゃって、めっちゃ薄いコーヒーが出来上がってしまうことがあったので、それを防げるのは嬉しいです。

ボタン

ボタン配置は変わっていませんが、物理ボタンからタッチパネルに変更されました。
これは単純に物理ボタンだと不具合が発生しやすいということの改善点だと思います。

ただ、タッチパネルになって押し間違えを以前より少ししやすくなったと思います。

トレイ

以前のモデルはトレイの下に更にトレイ受けのような少し厚みがありましたが、TAMAはありません。
トレイを外したらすぐにバリスタの接地面が見えます。

これは私としては嬉しい変更点でした。

愛用しているマグカップは少し大きかったので、トレイを外さないとコーヒーを入れることができなかったため、トレイの下のあの厚みがなくなったことで、マグカップが安定するようになったのです。

今まではたまにマグカップがバランスを崩して悲惨なことになってました。

電源ボタンの有無

これは初代のPM9630型のみとの違いとなりますが、物理的な電源ボタンがなくなってます。

まあ、使用中は基本的に電源をオフにすることなく常にスタンバイモードにしていたので、電源の有無はあまり影響ありませんでしたが。

TAMAは良い改良がされているので!しかし注意点が

TAMAはデザインも少し丸みを帯びていて、以前の形よりも好きだし、色々と残量が可視化されているので、楽になった部分が多いのですが、個人的に「うわーまじか」って思った欠点がありました。

それはコーヒータンクです。

ネスカフェの公式としては詰め替え用のみを使ってくださいとアナウンスしていたんですが、普通に売ってるビンのものでも中身一緒ですし、近所のスーパーではそっちの方が安かったので今まではビンで詰め替えをしていました。

しかし、タンクのコーヒーを注ぎ込む所が完全に詰め替え用しか受け付けない形をしているため、ビンでのコーヒー入れ替えができなくなってしまいました。

無理矢理できなくもないですが、溢れる量が半端じゃないのでストレスが物凄いです。
おすすめはしません。

それでもやっぱりバリスタがある生活は素晴らしい

バリスタが壊れてからコーヒーを飲んでいなかった期間は短いものでしたが、なんとなく自分の習慣の一部がなくなってしまったように感じて変にそわそわしてました。

バリスタを買うまではコーヒーに入れる時はお湯を沸かすというワンクッションがあったのですが、ボタンを押すだけですぐにコーヒーを飲めるという環境を味わってしまった後だとどうしてもそのアクションが面倒に感じてしまうんですよね。

このバリスタはそこまで高価じゃないことも良いですね。
ゴールドブレンドを買わせる囲い込みとしては素晴らしい戦略です。
見事に乗っかってます。

今回私はTAMAというモデルを買いましたが、まだ旧モデルも買えるようなのでどちらか好きなタイプを選べば大丈夫です。
正直そこまで変化ないですから。
強いて言うなら、私が先ほど書いたように、コーヒーの詰め替えをビンでもしたいという方は旧タイプの方がいいですね。

こんなにコーヒーばかり飲んでると金剛ちゃんに怒られちゃいそうですね。
それでも私はコーヒー党ですが。