読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

Amazonで買えるおすすめサバイバル・アウトドア製品~今週のお題「防災の日」~

今週のお題防災の日
f:id:syabelog:20160908004732p:plain

今週のお題防災の日というわけで、今回はAmazonで買えるオススメのアウトドア製品をピックアップしたいと思います。

キャンプとかアウトドアってある種、不自由さを楽しむという側面はあると思いますが、中には「キャンプだけどできるだけ楽したい」っていう人もいますからね。
最近はグランピングも流行ってますし、手軽に楽しめるアウトドア製品の需要は高まっているような気がします。

ガーバー サバイバルナイフ ベアグリルス

まずはナイフです。
ナイフはサバイバルでは大切なアイテムです。

そしてこのナイフはあのベアさんが監修したナイフ。
このナイフはナイフとメタルマッチが一緒になっているようなタイプなので、このナイフがあればとりあえず食べ物を採取したり、それを調理するための火を起こしたりなどができます。

MAN VS WILD観てると本当にベアさんはナイフ一本で殆どの事をしてます。
バイバル術ってすげーと普通に見入ってしまいます。

ちなみにメタルマッチだけ欲しいとしたらこれじゃなくて、もう少し安いのがあるのでそっちを買ったほうが良いです。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 Mスターターセット

キャンプといえば焚火です。

昔私が使っていた焚火台は非常に重くて、持ち運びがしにくいタイプでした。
なので焚火台が備え付けられているキャンプ場を探したりなど、選択肢を狭めてしまうこともしばしば…

しかし、この焚火台は使わない時は簡単に折り畳めることができるので、持ち運びが非常に楽。
サイズもMであれば色々と作業するにも困ることはないと思います。

スノーピーク(snow peak) 和鉄ダッチオーブン

火を起こしたら次は料理ですね。

このオーブンはセッティングのバリエーションがいくつもあるので、自分がやりたい料理に合わせて形状を変えることができます。
これはグランピングが好きな人に良いかもしれません。

私はキャンプでは定番のカレーであったり、川魚(虹鱒や鮎)の塩焼き、バーベキューなどの単純な料理しかやったことないですが、グランピングのような豪華さを求めるような時にはこのように色々な料理に応用できるキットがあれば嬉しいかも。

しかし、なんかキャンプで作る料理って異常に美味しく感じますよね。

スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ

スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ 450 MG-053R

スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ 450 MG-053R

キャンプの時はカップもこだわりたいところ。
100円ショップの安いプラスチックカップよりもこういうカップで飲んだ方が美味しく感じます。
雰囲気がほとんどかもしれませんが(笑)

このカップはアウトドア好きの上司にプレゼントもしたことがある製品です。
高いマグカップって自分だとなかなか買わないですから、プレゼント用として良いかもしれませんね。

なんかスノーピークばかりですね。
でも私スノーピークが好きなんで許してください。

DOPPELGANGER ワンタッチテントシリーズ

DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント T2-29 紐を引くだけの15秒設営!  重量2.4kg

DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント T2-29 紐を引くだけの15秒設営! 重量2.4kg

ホント便利な世の中になったものです。

昔はテント作るのにも一苦労で、四苦八苦しながら家族や友人とテントを立てたものです。

このテントはその名の通りワンタッチでテントを組み立てられるというめんどくさがりの人間には神のようなアイテム。
これは作る時間も当然短いので、突然雨が降ってきた時でもすぐに避難できます。

テント立ててる時に雨降ってくると本当に地獄ですからね…

これより大きいサイズもあります。
自分が欲しいサイズに合わせて購入できます。

DOPPELGANGER OUTDOOR 4-5人用 ワンタッチテント T5-23 設営簡単 タープ機能で快適空間

DOPPELGANGER OUTDOOR 4-5人用 ワンタッチテント T5-23 設営簡単 タープ機能で快適空間

コールマン Coleman 2500 ノーススター LPガスランタン

キャンプ場はとても暗いので夜は明かりが必須です。

これはガソリンではなくガスで点火するタイプとなります。

私が持っているガソリン式は古いタイプなのかもしれませんが、結構点火するまで苦労するんですよね。

多少でも楽にしたいというのであれば、ガス式の方がおすすめです。

最後に

今回は私の思いつく範囲のみで紹介しました。

最初に書いたように最近はグランピングが流行っているので、手軽に機材を設置できるグッズは結構需要ありそうです。

記事書いてたらキャンプ行きたくなってきました…

そろそろ紅葉シーズンも近づいてきてるし、今年はどこかにキャンプ行こうかな。