しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

PENTAX KP レビュー① ~操作性・画質・高感度~

PENTAX KPが発売

先週の23日にPENTAX KPが発売しました。

発表当時からレトロなボディと高感度に強い機種ということで注目を浴びていましたが、私もグイグイ惹かれてしまって予約までして買ってしまいました。

www.syabelog.site

KPを触りだしてようやく手に馴染んできたこともあり、KPを使ってみて感じたことや実際に高感度は使えるのかということについてまとめたいと思います。

発売前から高感度に関してのISOテストは多く出ているので、今回の高感度に関することは実用的なISO範囲でスナップをした時のことをお話しします。

実際に使ってみて

サイズ・重さ

サイズは一眼レフの中ではコンパクトな部類に入るので、小さいレンズと組み合わせるとミラーレスのように持ち運びに便利です。
収まりはいい作りとなっているので、手のひらの中にすっぽり入ります*1

重さはコンパクトさから想像していたよりはずっしりときます。
かといって、別に重いというわけではなく、丁度いい重厚感という感じです。

公称ではバッテリー入れて約703グラムとのこと

EOS KissシリーズやD3000シリーズ・D5000シリーズと比べたりするとたしかに重いですが、あくまでもこれらはエントリー機なので、軽さと引き換えに機能を削っている部分はあります。*2
しかしKPはAPS-Cフラグシップ機として位置づけられているので、それを考えると十分許容できる軽さなのではないでしょうか。

操作感・グリップ

ダイヤルが前に1つと後ろ2つあるので頻繁に設定を変えるような状況でも快適に操作できました。
ダイヤルの硬さもちょうど良く、硬すぎずゆるすぎるというほど良さ。
似たようなダイヤル構成のカメラでNikonのDFがありますが、前ダイヤル硬かったんで軽快にパッと操作するならKPに軍配が上がります。
ダイヤルの割当も自分である程度カスタマイズできます。

あとショートカット関連だとダイヤル以外にもショートカットを設定できるボタンが3箇所あります。
私は左にあるワンタッチRAW+ボタンにAFポイントの移動を割り振ってます。
LVで撮影する時に便利。

グリップは個人的にSサイズでは小さいと感じたのでLに替えてます。
だけどLimitedレンズとか小さいやつだったらSでもいいかなと最近思い始めました。
少なくとも16-85mmのような大きいサイズのレンズではLがおすすめです。*3

シャッターフィーリング

シャッター音は比較的小さい部類に入ると思います。
「カシャ!」ではなく「クシュ」って感じの音がします。*4
でも、その控えめなシャッター音は嫌いじゃありません。

シャッターを切る際の感覚も音が小さいからといって押した気がしないということはなく、しっかりと撮影をしている感覚は味わえるので心地いいです。

画質・高感度

画質も高感度も概ね満足です。

やはりD800のような高画素機と比べるとホームラン級の当たりは少ないですが、少なくとも以前よりヒット性の高い写真は多い印象。
今まで使用したカメラと比較するとこんな感じ

【ホームラン】
D800 > KP > GX8

【ヒット】
KP > D800 = GX8

一応2400万画素ありますし、十分といえば十分です。

高感度に関しては正直あまり私は期待していたより享受できていません。

というのも、今回のノイズ処理技術はJPEGで撮って出しした時に威力が最高に発揮されるようで、RAW撮影しかしない私はちょっとがっかりしてしまったというのも事実です。
しかし、RAWでもISO12800くらいまでだったらガンガン使えるのでこれまでのボディと比べると遥かに高いISOで撮影ができています。*5
ISO25600は緊急時用という位置づけですね。なるべくMAXはISO12800で設定してます。

あとちょっと気になったのがISO6400でもノイズが激しい写真もあったりなど若干ムラがあるのかなという点。
その時の撮影環境は、周りに明かりが少ない状態で神社と夜空という構図だったのですが、夜空が結構ノイズありました。
別のシチュエーションのISO12800の写真と比べるとISO12800の方がノイズ少なめだったりして、同じ高感度でも得意不得意がありそうな感じです。

でもKPは手ブレが強力ですから、動体ブレ気にしないのであればシャッタースピード結構落とせますし、それで高ISOにならないように抑えるなど選択肢があるので楽です。

手ブレ無し&高感度弱いとなると三脚しか選択肢ありません。

簡単な作例など

そもそもまだ撮影期間が短かったり、レンズも揃ってなかったりするので写真のストックが少ない中から選びました。
夜の写真は他のブログやサイトでも結構取り上げられているので、あえて高ISO写真はほどほどにしてます。
撮影環境はRAW撮影、Lightroomで少し補正して現像してます。
補正はそこまでゴリゴリに行ってないです。基本的に明るさの調整とかその程度。

KPの作例で明るいのってまだ少ないですよね。多分。


f:id:syabelog:20170305070901j:plain
PENTAX 16-85mm F8.0 SS1/60 ISO6400


f:id:syabelog:20170305070907j:plain
PENTAX 16-85mm F5.6 SS1/60 ISO3200


f:id:syabelog:20170305070911j:plain
PENTAX 16-85mm F5.6 SS1/30 ISO12800


f:id:syabelog:20170305070914j:plain
PENTAX 16-85mm F8.0 SS1/500 ISO100


f:id:syabelog:20170305070918j:plain
PENTAX 16-85mm F5.6 SS1/1000 ISO100


f:id:syabelog:20170305070923j:plain
PENTAX 16-85mm F8.0 SS1/1000 ISO100


f:id:syabelog:20170305081801j:plain
PENTAX 35mm Limited F5.6 SS1/30 ISO1600


f:id:syabelog:20170305081806j:plain
PENTAX 16-85mm F4.5 SS1/60 ISO800


f:id:syabelog:20170305081810j:plain
PENTAX 35mm Limited F2.8 SS1/250 ISO200

まとめ

とりあえず1週間使ってみて感じたのは非常に考えて作られたボディということ。
思っていたよりも操作性が良くてスナップ撮影していても非常に楽しいです。

高感度に関しても今までMAXでISO3200で緊急時でISO6400というように使ってた身としては通常設定でISO12800まで使えるのはかなりありがたいです。
元々、夜スナップカメラを探して辿り着いたわけですから、自分の用途とはまっている部分が多く、購入して満足という結果です。

逆にちょっと残念だと感じたのがKP本体というよりはPENTAXのレンズですね。
PENTAXのレンズは他社と比べると比較的設計の古いレンズが多く、写りは良いとしてもAFが遅かったり、音が大きかったり、パープルフリンジ結構出たりなどちょっと戸惑う部分がありました。
写りが良くて小さいレンズがものすごく安かったりするので、そのへんは非常に助かってますが…
シグマやタムロンなどのサードパーティPENTAX用のレンズは少ないですし、PENTAXを使い始めてから改めてPENTAXユーザーは結構苦労してるんだなと感じました。

こう考えるとやはりCanonNikonはシステム全体で優秀なんですね。
流石です。

あと、意外と動体撮影がいけそうな気がします。
KPは動体撮影には向いていないというのは周知の事実でしょうが、KP自体が最高約7コマ/秒まで撮影可能と速度は十分あるわけで、連続撮影回数のバッファがめっちゃ少ないだけです。*6

家で犬が走ってるの撮影してたりしたんですが、AFの食いつきがいいので思っていた以上に快適に撮れました。
スポーツ撮影や野鳥撮影のように常時連写で撮り続けるというのは厳しいですが、スポットで連写をするという使い方なら十分動体撮影も可能だと感じました。*7

今度鉄道写真でも撮ってこようかな。
不得意と言われてる分野でどこまで頑張れるのか試してみたいです。

*1:私は男性の中では手が小さい部類に入ると思います。それでもちょっと余裕があるくらい

*2:店頭でD5500とか触った時に「軽っ!」って思いましたけど、同時におもちゃっぽさも感じてしまいました。それだったらミラーレスでOLYMPUSとかPanasonic選ぶかなーという感じです。そもそもエントリー機なんで高級感という要素はすぐ外されるのでしょうが…ターゲットの違いですね。

*3:16-85を装着すると前に比重が重くなって首から下げるとバランスがちょっと悪いです。縦グリが欲しくなる

*4:イメージとしてはD750のシャッター音

*5:RAWでPC現像するならK-1の方がノイズレスという話を色々な所で目にするので複雑な気分に。流石にまだK-1に手は出せない

*6:RAWで連写すると1秒ちょっとでバッファなくなります。

*7:まだ発売してないですが、縦グリを使うと連続撮影回数が上がるようなので、それを付けて動体撮影もしてみたいですね。