読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

無線非対応のNikonカメラでもリモート撮影ができる便利グッズ【Pinout】をD800で使ってみた

レリーズは長時間露光には必須

もう早いもので12月となってしまいました。

外を歩けばイルミネーションで街が彩られクリスマス一色となっています。

イルミネーションを撮影するとなると夜景撮影になることがほぼ100%です。

そして夜景撮影に必須なのがレリーズ。

長時間露光だとシャッターのブレを最小限に抑える必要性があるので、三脚で固定してレリーズから遠隔で撮影というスタイルが定石です。

最近発売されている一眼はWi-FiBluetooth機能を搭載している機種も多く、スマホがレリーズ代わりになるということも増えてきました。

しかし、私が持っているのはD800は発売もそこそこ前なので無線機能に関しては皆無です。

じゃあレリーズ買わなきゃなと思ったわけですが、D800やD810でもスマホからシャッターの遠隔操作が行える便利グッズがあるとの情報を得たので早速購入して試してみました。

D800無線化計画 Pinoutとは

一番最初にみたPinoutの記事はこれ

dc.watch.impress.co.jp

一眼レフの機体で無線に対応しているのは本当に最新のものだけで、殆どは非対応です。
ミラーレスはそのあたり強いんですけどね。

特にNikonはそのあたりが弱く、Canonに比べると無線に対応しているカメラが少ない印象があります。

だけど、PinoutはそんなNikonカメラでもスマホからリモート撮影可能にさせてしまうという超絶便利グッズ。

しかも小さい。

レリーズって結構大きいので持ち運びに困るんですけど、Pinoutは非常に小さいので持ち運びがかなり楽です。

装着イメージはこんな感じ。
f:id:syabelog:20161205164313p:plain:w400
※公式HPより

モデルは3種類あり、それぞれ値段に応じてできる機能が増えていきます。
f:id:syabelog:20161205164403p:plain:w400

私はとりあえずリモート撮影ができればよかったので一番安いBasic Kitを購入しました。

ここで注意点としてNikonのカメラによってモデルとは別にTypeA・TypeBという区分があるので自分の持っているカメラがどっちに対応しているかを確認してから購入しましょう。

じゃないと購入したはいいけど使えないというオチになってしまいます。

詳細については公式HPに記載されていますのでそちらをご確認ください。
公式HPリンク→Pinoutであなたのカメラが生まれ変わります!

実際に使ってみて

商品は2日程度で届きました。

やはりめっちゃ小さい。
f:id:syabelog:20161207183048j:plain:w400

大きさ比較のためSDカードと並べました。
f:id:syabelog:20161207183052j:plain:w400

使用するにはスマホで専用のアプリをダウンロードする必要があります。

iOS

Pinout for Nikon DSLR Camera

Pinout for Nikon DSLR Camera

  • Zesty Systems Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

Android
play.google.com

上記のアプリをダウンロードしてBluetoothの接続をしたら使用できます。

ちなみにこちらの記事で載せている写真はD800とPinoutで撮影をしました。
www.syabelog.site

実際に使用した感じとしてはめっちゃ便利なんですが、ちょっとアプリでの操作がわかりにくいかなというところ。

まあ、何回か使用すれば勝手はわかるので問題ないですが初回は手間取りました。

なにより無線化を諦めていたカメラがスマホから撮影できるということで多少のアプリの使いにくさを考えてもオススメ商品だと思います。

この商品は現在Nikon用のみですが、他のメーカーについては計画中とのこと。
順当に考えれば次はCanon用でしょうね。

商品の紹介動画はYouTubeにもアップされていますのでこちらも参考にどうぞ。
www.youtube.com