しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

豊富なお酒と料理が楽しめる逗子の古民家バー「清水橋バル」

駅から近いオシャレなバー

今回訪れたお店は「清水橋バル」というオシャレなバー。
場所は新逗子駅北口からほど近い川沿いにあるため、アクセスが非常に楽です。

f:id:syabelog:20170617102439p:plain:w500

オープンしたのは2013年なので、段々と地元にも定着をしてきています。

f:id:syabelog:20170617102514p:plain:w500

店内は1階がカウンター席、2階がテーブル席となっています。
カウンター席には目の前にナッツ類やビーフジャーキーなどのつまみの瓶が。

f:id:syabelog:20170617102546p:plain:w500

目線を上げるとグラスがズラリ。

f:id:syabelog:20170617102613p:plain:w500

清水橋バルは古民家をリノベーションした店ということで、どこか家のような落ち着いた雰囲気があります。
とてもゆったりとした時間が流れています。

食欲をそそる料理の数々

メニューを開いてまず目を引いたのがビールでした。
なんと珍しくよなよなエールが置いてあります。

このビールは株式会社ヤッホーブルーイングが製造しているクラフトビールの一つで、モンドセレクション金賞・世界三大ビール品評会・楽天グルメ大賞を複数回受賞するなど日本を代表するクラフトビールと言えるでしょう。
コンビニやスーパーでは缶で販売していることも多いですが、居酒屋やバーではあまり見たことがないので思わず注文。

f:id:syabelog:20170617102650p:plain:w500

グラスもしっかりよなよなエール仕様となっています。

そして、この時一緒に頼んだつまみがアボカドガーリック。

f:id:syabelog:20170617102805p:plain:w500

アボカドの上にはフライドガーリックがふりかけられており、お皿は清水橋バル特性のピリ辛タレで満たされています。

スプーンでアボカドをすくい取るという方法で食べるのですが、その時にアボカド・タレ・ガーリックが上手く絡み合います。
濃い目のタレがアボカドの味で少し中和され程よい味付けとなり、フライドガーリックのサクサク感が食欲を増進させます。
ビールのつまみとして抜群の料理です。

次に注文をしたのは鶏レバー(パテ付き)です。

f:id:syabelog:20170617102915p:plain:w500

レバーというと少し癖があるため、苦手な方が多くいる食材ですが、この鶏レバーはレバー特有の臭みなどがかなり和らいでいるため、普段はレバーを食べないという方でも抵抗なく口にすることができるでしょう。
ほんのりとレバーの香りはありますが、味はさっぱりしているので、パンに付けないで鶏レバーだけをつまみにするという食べ方もアリです。

美味しいつまみでビールが進みあっという間に空になってしまったため、次のお酒を注文しました。
頼んだものは白州のソーダ割り。

ごく一般的なメニューだなと思ったかもしれませんが、清水橋バルでは少し変わった提供の仕方をしていました。
まず一つ目として、特性の強炭酸水を使っていること。
二つ目にグラスをキンキンに冷やして氷は入れないスタイルということ。
そして三つ目は通常の1.5倍の量を入れているため味が濃い目ということ。

f:id:syabelog:20170617102949p:plain:w500

この清水橋バルスタイルの飲み方は初めてでしたが、今回飲んでみて非常に気に入りました。
通常の飲み方のように氷を入れると、次第に氷が溶けてしまい、味が薄くなってしまったり、炭酸が抜けてしまって水割りになっているということが多くありました。
ところが、強炭酸水を使用しているので、比較的長い時間しっかりと炭酸は効き、氷が入っていないので味の変化も起こりませんでした。
氷が入っていない点はグラスをしっかりと冷やしていることでカバーしているので、決してぬるいソーダ割りということにはなりません。

お酒をゆっくりちびちび飲みながらつまみを食べたいという方にはうってつけのスタイルでしょう。

最初に頼んだ料理も無くなってしまったので最後の一品を追加注文。
頼んだ料理はさつま知覧鳥のタタキです。

f:id:syabelog:20170617103024p:plain:w500

さつま知覧鳥は鹿児島や宮崎を中心に飼育されている品種で、特徴としては強い歯ごたえとコクが挙げられます。
飼育期間を450日という通常の鶏の4倍~10倍かけることによって、コラーゲンやアミノ酸を多く保有し、脂の乗りも良くなることが美味しさに繋がっているとのこと。
そして他の鶏よりも運動時間が長いので上記のような強い歯ごたえを生み出しているようです。

タタキということもあり「痛みやすいので少しお早めにどうぞ」と店員さんから一言。
では早速と用意されたにんにく醤油をつけて口に入れると、そのジューシーさに驚きました。
イメージとしてはレアステーキです。
歯ごたえもしっかりあり、見た目以上に食べごたえのある非常に美味しい料理でした。

飲み会でも一人酒でも楽しめる

今回は一人でふらっと飲みに行ったのですが、2階にはテーブル席もありますので、3人~4人の飲み会でも十分利用することができます。
また、24時を過ぎても営業している飲み屋は逗子で少なく、そういった意味でも非常に重宝するお店と言えるでしょう。

逗子海岸の方向とは逆に位置するので、もしかしたらあまり知られていないかもしれませんが、駅から近く、美味しいお酒と料理を味わえる清水橋バルはお酒好きにぜひ訪れてほしいお店です。



店舗情報
店名:清水橋バル
住所:神奈川県逗子市逗子5-14-1
TEL:046-876-5190
営業時間:平日 11:30~14:00 17:00~26:00・土日祝日11:30~26:00(年中無休)