読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃべろぐ

雑談ブログ。ガジェット・カメラ関係多め

「とりあえず3年続ける」は若い人材を潰す

f:id:syabelog:20161008153801p:plain
もう10月となり、今年も残りわずかです。

今年から社会人になった新入社員の方達は職場の雰囲気にも馴染み初めて、仕事の辛さとかも感じ始めている時ではないでしょうか。
残業辛いですよね。
上司めんどくさいですよね。

ところで、日本ではよく「とりあえず3年続けた方がいい」というフレーズをよく聞きます。
確かにそれは転職するにしても3年位やっていた方が実績として書きやすいとか、仕事の楽しさを覚えるのは1年じゃ無理とか色々な理由があるのでしょう。

しかし、個人的にはこの「とりあえず3年続ける」という悪魔のワードのせいで若手の人材が潰れていっている気がしてならないのです。

「とりあえず3年続ける」に当てはまるのは一部の人のみ

「とりあえず3年続ける」は少なくとも全員に向けた言葉ではありません。
私が考えるに「とりあえず」3年間在籍した方がいい人は下記の2点が当てはまる人ではないかと。

  • 大手企業に勤めている。
  • 転職するにしても職種・業界が同じ


大手の場合は完全に分業化していることも珍しくなく、入社して1年程度では会社全体を把握するのは難しいと思われます。
3年間のうちに自分の任される仕事が変化したり、違う部署に移ったりすることで、環境が変わり、今いる状況よりもストレスが少なくなる可能性があります。

あと、大手はやっぱり中小企業に比べて給与や福利厚生が優っていることが多く(というか殆ど)、勤続年数が長くなればなるほど旨味が増してくることも珍しくありません。
そしたら今の環境にも我慢できる範囲に収まるかもしれません。

また、転職をするにしても職種や業界も同じにしようと考えている人はそこそこな実績作りという点で3年間はいた方がいいかもしれません。
1人で大きいプロジェクトをドライブするまではある程度時間がかかるでしょう。
3年程度在籍していればとりあえず他の人に「自分はこういうことしているんだ!」って言える実績が作れると思います。

ただ、実績を作ることができれば特に3年間いることはありません。
1年目から大プロジェクト任されるとか無茶振りをしてきたのであれば、3年と言わず1年や2年で転職しても構わないと思います。

そもそも3年続ける価値のある会社なのか

前項のように3年いることで得られるものはいくつかあると思いますが、そもそも自分の会社には3年間いる意味がある会社なのかを見極めなければいけません。

これは大手中小などの会社の規模は関係ありません。

世間一般で言うブラック企業で挙げられるような「長時間の時間外勤務、残業代が出ない、上司のパワハラ(セクハラ)が激しい」などが日常的にあるのであれば、すぐに転職をするべきだと思います。

ブラック企業でよくあるのが、体を壊すまで仕事を行い、在職中に転職活動もできず、追われるように退職するというもの。

このようなことを経験すると肉体的ではなく精神的に病んでしまうケースもありますので、3年働いて得られたものよりも失ったものの方が大きいという結果になってしまう可能性もあります。
f:id:syabelog:20161008155321j:plain

今ではネットなどで情報を探すことができますので、一般的な会社の勤務形態はどのような形なのかというのを一度確認することは大切でしょう。

仕事は割に合わないと思ったのならば辞めるべき

f:id:syabelog:20161008154303j:plain
これはいわゆるミスマッチというものです。

上記のようなブラック企業だから辞めるというよりも「割に合ってない」と感じて辞めるというものです。

この基準は個人によって大きく変わってきますが、金銭面が単純でわかりやすいでしょう。
ちなみに現在の東京都の最低賃金は932円です。
よく月給を実質的な勤務時間で割ると最低時給を下回るという笑えない話がありますが…

また、金銭的にはある程度納得をいくものだとしても、職務でどの程度のストレスを感じているかという項目も合わせて考えることをお勧めします。

労働時間や給与だけ見ればホワイトだけど、毎日のストレスが半端じゃないのであれば、長続きはしないと思われますので、スパッと辞めた方がいいです。

先ほども書きましたが、この「割に合ってる」という感覚は非常にふわっとしたものです。
給与を重視する人もいれば、職場の雰囲気を重視する人もいます。
それは個人の感覚です。

ただ、自分で「これは譲れない項目だ」というものをある程度決めないと、自分は会社に残るべきか判断し辛いでしょうし、転職するにしても会社を探せないと思います。

ブラック企業の判断基準のような客観的な部分だけではなく、主観的な判断が重要となってきます。

短い期間での転職は厳しいのか

私は現在20代後半ですが、既に転職を3回してます。
ちなみに、父は20代の間に4回〜5回したそうです。血筋なんですかね。

正直転職は新卒の就活よりも楽でした。

20代の転職は企業も実績よりも素質を重要視するところが多いので、社会人を経験していて、前職の仕事の経験が活かせるということを履歴書や面接で言えば結構すんなり決まります。

当然なんで前の会社を辞めたのかという理由も聞かれますが、なるべくポジティブな言い回しで答えれば問題ありません。
上司が嫌いだから辞めましたなんて馬鹿正直に言わず、適当に前向きな理由をつけてしまえばいいです。
そしてその理由を受ける会社に合わせるように微調整すればより印象はよくなります。

ちなみに転職時は履歴書を直筆で提出なんて企業はありませんでしたので、一度フォーマットを作っちゃえば楽です。
なんで新卒の就活では未だに直筆ESがあるんでしょうね…

転職をしなければわからない見え方がある

個人的には転職は一度くらいした方がいいと思ってます。
特に20代のうちは前述のように実績よりも素質を見込んで採用してくれる所が多いので積極的に転職をすべきです。

というのも、ずっと同じ会社にいると、その会社が自分の社会人としての価値観や考え方が全てになってしまうので、自分の可能性を広げるということの邪魔になるかもしれないからです。

私も転職を何度もしたからこそ、それぞれの会社の良い文化と悪い文化を客観的に見ることができましたし、前職での文化を新しい職場に取り入れたりなどすることができました。

友人などに他の会社の環境を聞いたりすることも参考にはなりますが、あくまでその意見は友人の意見なので「自分にとって働きやすい環境とは何なのか」ということは自分がいくつも職場を経験しないと判断は難しいと思います。

これがとりあえず転職するにタイミングをずるずると逃してしまい、30代になってから本格的に転職活動をしようとしても、30代になると20代よりも一気にシビアになってしまうため、フットワークがどうしても重くなってしまいます。

そうなると「もう嫌々だけどこのままこの会社にいるか…」となってしまうかもしれません。

転職活動をしたいけど…

転職をしたいけど、今の職場を辞め辛いという人もいるかと思います。
職場に迷惑がかかるんじゃないかとか色々気を遣うでしょう。

基本的に退職は迷惑がかかります。
これは事実なので開き直りましょう。

そして「自分がいなきゃ会社が回らなくなる…」って考えている人もいるかもしれませんが、そんな考えは捨てましょう。
1人辞めたくらいは現場の人でなんとか乗り切れますし、辞めた直後にちょっとバタバタするぐらいで、数ヶ月したらあなたがいないことに職場もすぐ慣れます。

できれば円満退社が好ましいですが(特に同業界の場合はそれが縁で仕事を貰うこともあります)、どうしても会社側が話し合いに応じてくれないのであれば、強行的に退職届を提出して辞めてしまうのも1つの手です。
完全に会社側と対立してるならフローレンシアの猟犬の如く、退職際に爆弾放り込む位の気概でも良いと思います。
f:id:syabelog:20161008154953j:plain

会社を辞めたことない人からすると「会社を辞めるなんて、とんでもないことだ…」と思っているかもしれませんが、結構ありふれた行為ですし、意外とすんなり辞められるケースが殆どです。

仕事は基本的に自分のプライベートを充実させるための手段として考えることが大切です。
そのプライベートとのバランスが壊れているのであれば、仕事を変えるというのは真っ当な判断ですし、誰も責めないはずです。

辞めるか辞めないかの最終判断は自分

ここまでつらつらと長文を書きましたが、残るか辞めるかの最終判断は自分でしましょう。
自分で判断するというのが大切です。

大きな決断となるので、周りの人に相談することは大切ですが、あくまでもその人の意見です。

最終的は判断を自分でしないと、その決断の責任の所在を考えた時に「○○の言ったようにしたら失敗した」と思ってしまうかもしれません。
辞めるにしても自分の意思で辞めると言った方が清々しい気持ちになります。
あの退職日の晴れやかな気持ちは忘れません(笑)
f:id:syabelog:20161008155757p:plain

最後に

会社なんて入ってみないとわからないことが多いですし、ミスマッチが生じない就職なんて無いと思ってます。
だからそのミスマッチの結果、転職することになるというのは至極当然のことです。

しかし、ミスマッチが自分の許容できる範囲かどうかという判断が大切なのであって、ちょっと嫌なことがあったから辞めるということをお勧めしているわけではありません。
仕事してれば嫌なこともあるし、楽しいこともあります。

楽しいことが全くなかったら転職を考えてください。

「とりあえず」でダラダラと3年続けるよりも、同じ3年で四苦八苦しながらも自分のやりたい事を改めて考えた方が、後の人生に大きく影響を及ぼすと思うんです。
だって、新卒から働き始めて残り数十年働くんですよ?
少しでもストレスの少ない仕事環境を探した方がいいじゃないですか。

あと、この記事は転職勧めまくってますが「会社には不満ないけど仕事内容が…」とか「仕事は好きなんだけど上司との折り合いが…」って人は部署異動という方法もありますので、まずはそちらを考えるというのも1つの方法です。
大手だったら部署異動するとほぼ違う会社みたいになる時ありますからね。
真っ当な会社ならまず辞めてほしくないと考えるはずなので、人事部や総務が積極的に動いてくれるはずです。

動いてくれないのであればブラックな可能性が非常に高いので勤務記録のバックアップを持っていつでも退職できる準備を。

一度転職サイトに登録するとわかりますが、世の中には仕事があふれています。
「ああ、こんなに仕事があるならきっと見つかるよな」と思うだけでも気が楽になるかもしれません。

新卒は「よし!せっかく苦労して取った内定先だし頑張るぞ!」と意気込む人が多いと思いますが、頭の片隅に「我慢できなくなったらいつでも辞めてやるよ!」って気持ちも残しておくと良いかもしれません。

仕事よりも自分の体やプライベートを大切にしましょう。